家族や親族間にも起こる人間関係の悩み

親族間というのは遠慮がなく、言いたいことを言ったり、面倒ごとを押し付けるような人間関係があたりまえのように成立することがあります。親族間で子供のマウントの取り合いをしたり、冠婚葬祭があるごとに過去を蒸し返すような会話をしては、諍いを起こすことも少なくありません。一見仲良く見える親族関係であっても、実はお互いに遠慮をしていたり、相手をよく思っていないということも珍しくはないでしょう。他人と比べて親族関は、何でも言いやすく、安易な発言も許されると誤解しがちなので、それが遠慮のないストレートな発言に結びついているのかもしれません。

しかし、このような親族間のいざこざに悩んだ場合は、放置しておくと取り返しのつかない大問題になることがあります。特に結婚を機に、新たな親族として嫁ぎ先に迎えられる女性は、前述したようなトラブルに巻き込まれる可能性が高く、そのことが原因で夫婦間にヒビが入ることもありえるからです。ですから、たとえ親族同士でも適切な距離感と礼儀は重んじなければなりません。

とはいえ、パートナーが親族関係を重視していると容易ではないでしょう。ですから、女性は結婚を意識し始めたら、相手の家族や親戚にどんなタイプの人がいて、どのような付き合い方を結婚後に求められるのかをリサーチする必要があります。そして、違和感を感じたら、パートナーと結婚後の親族との付き合い方について、事前に話し合っておくことが大切です。