専門職と現場の関係性を良好にするために

どの専門分野でも、専門職に就いている人はその分野に深く精通しています。深く精通しながら頑張っている仕事なので、その分野の最新情報や今携わっている仕事の話で身内同士盛り上がる事もあるでしょう。しかし、社内や取引先の人など、その分野と関係している人と話す時は良いですが、全く知らない人と話す時は、注意が必要です。

なぜなら、人間はIQが15以上離れた人と話していると、相手に馬鹿にされたように感じると、有名な心理学者が提言しているためです。素人と専門家はIQは一緒でも、その分野の知識はIQ15に匹敵する程違うものです。そのため、専門家が普通に話した内容に対し、素人は知らない、分からないことだらけだと不快感を感じてしまいがちです。実際大手人材会社が他部署や他会社など専門職以外の職場で働いた経験を持つ専門家を調査したところ、約8割の人が人間関係に不満を感じていました。

特に現場の人間と合わないと言う意見が多く見られましたが、これは双方の視点が違っているからです。例えば専門家が持つ商品の知識を現場は知らない、現場の製造方法を専門家は知らないのに、双方が普段通りでは互いが不快感を感じて当然です。こうした時は、CMを参考にしましょう。基本的にCMはIQが低い人が観ても理解できるよう、商品の使用状況、説明、感想までを説明しています。つまり知識の違う人に専門的な話をする時は、このくらい分かるだろうの気持ちを捨て、状況・説明・感想を織り込んで話すことが大事です。